信頼できる医師を選ぶポイント

医院案内

審美歯科メニュー

審美・矯正の症例

審美歯科Q&A

料金・支払方法

体験談

笑顔に自信がよみがえる

リンク

トップ > 審美歯科コラム > 歯をしっかり、白くしたい!歯並びや歯の形も気になる……

審美歯科コラム

歯をしっかり、白くしたい!歯並びや歯の形も気になる……

歯をもっと白くしたい、歯並びも同時に整えたい、歯の黒ずみなど、ホワイトニングでは解決できない悩みがある……。それらのケースは、ラミネートベニアやセラミッククラウンがおすすめです。

ラミネートベニア

ラミネートベニア当クリニックにも、毎日のようにこの方法を受けられる患者さんがいらっしゃいます。負担が少なく、よい方法だと思います。本来の歯の色に近い自然な色から真っ白な色味まで、幅広いバリエーションが可能です。

〜流れ〜
歯の表面を、0.5ミリ程度わずかに削って型をとる。
  ↓
セラミック(陶器)素材のシェル(付け爪のようなもの)が出来上がったら来院、歯の表面に装着させる。
  ↓
光を照射し、固めて一体化させる。

歯をほとんど削らずに済むところがいいですね。当クリニックのシェルは強度を増す特殊加工が施してあるので、歯が抜けるくらい引っ張ってもとれないんですよ。
抗生物質などのせいで歯の内面から変色しているケースでも、この方法ならキレイな白い歯にすることができます。また、歯の隙間を埋めたり小さい歯を少し大きくしてバランスを整えたりなど、白くする以外にもさまざまなことが可能なんです。

セラミッククラウン

セラミッククラウン

歯を削った部分にセラミック素材のクラウン(被せ物)をつける方法です。ラミネートベニアよりも削る部分は多くなりますが、歯の色はもちろん、歯並び、歯の形などもトータルに変えることができます。
クラウンの種類は色々とありますが、金属を含まないオールセラミックがよいでしょう。また、少々値は張りますがジルコニアクラウンもおすすめです。審美的にもすぐれており、強度も抜群です。

人工的な素材を使う分、色あわせはとても大切です。当クリニックでは、40種類のセラミックパウダーをを調合して、患者さんの希望通りの色味を作り出しています。色だけでなく、ごく細かな模様などもつけることができるんですよ。天然の歯と変わらない自然な感じを出せるのです。
それから、固定をする前に一度仮どめをして数日過ごすことをおすすめします。室内と外では色の見え方も違ってきます。そうして納得したうえで、装着するとよいでしょう。

歯をしっかり白くできて、悩んでいた歯並びや形も整えることができる方法、お分かりいただけましたか?自分の歯にコンプレックスを持っている方も心配いりません。納得いくまでカウンセリングを受け、あなたにぴったりの白い歯を作る方法を見つけてくださいね。

ラミネートべニア法について
オールセラミッククラウンについて
セラミッククラウンの良いところ・悪いところ
セラミッククラウンにするケースは
差し歯・ホワイトニング・歯列矯正・歯のお悩み、お気軽にお問合せください。

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

ページトップへ

copyright(C) Umeda Dental Clinic All rights reserved.