医院案内

審美歯科メニュー

審美・矯正の症例

審美歯科Q&A

料金・支払方法

体験談

信頼できる医師を選ぶポイント

笑顔に自信がよみがえる

リンク

トップ > 審美歯科とは

審美歯科とは

審美歯科とはどういう歯科?

「審美歯科」という言葉は耳慣れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。一般的に、審美歯科というと美容歯科と同様なイメージをお持ちの方が多くみられます。 しかし、実は美容歯科と審美歯科とは全く違うものです。
簡単に説明しますと、美容歯科は見た目を中心に治療を行いますが、 審美歯科というのはまず歯の咬み合せを一番に考えその上での見た目の美しさを求めます。毎日使う歯にとって、一番大事なのは咬み合わせであり、咬み合わせを無視した審美歯科というのはありえません。
つまり、見た目さえきれいになれば問題ないというのは間違いで、トータルでの美しさを最終目標としているのが審美歯科です。機能的かつ審美的に、そして極めて自然で理想的な口元を演出することが大切なのです。 そして、それを実現する方法として、歯列矯正やオールセラミッククラウン、ラミネートベニア法等を行っております。

咬み合せと見た目の美しさの両方を考える、そういう意味で、審美歯科というのは大変奥深いものです。
患者様の美しく健康な笑顔を取り戻せるよう、日々努力しております。

治療の際に大切にしていること

治療には真心と笑顔を大切にしています当院で大事にしているのは、ずばり「真心と笑顔」です。
審美歯科は自由診療のため、保険診療とは違う+αの応対が必要だと思っております。患者様に対する思いやりと真心、患者様一人一人が当院の治療に対して心から満足していただくことが絶対だと思うこと、その気持ちをスタッフと共有しています。
私たちが誠意を持って接しないと、患者様側も本当の気持ちを伝えてはきません。
審美歯科の治療では、患者様が医師にどれだけ自分の思いをぶつけられるか、その関係性がきちんとできていることが大事だと思います。例えば歯の色でも医師が思っている白さと本人の思う白さがマッチしているとは限りません。きちんと本人の希望を理解する必要があります。逆に医師側も、できることとできないことをきちんと説明しなくてはいけません。
患者様とドクターがお互い納得したうえで治療を進める、 当院では治療の説明と同意を大事にし、患者様との信頼関係のもとで治療を行っていきたいと思っています。

自然な差し歯はどうやって作られるのか

保険の材料では、どうしても天然の歯と同じような色や質感にすることは残念ながら不可能です。耐久性も弱く、数年使い続けると歯茎との間にブラックマージンと言われる黒ずみができて悩まれ来院される方も多いです。
一方で、天然の歯と変わらない審美性と耐久性を持ったのが「セラミック」という素材です。特にオールセラミッククラウンでは、本来の天然歯同等かそれ以上の色調や形態を再現し、またきちんとケアをすれば20年以上持つ耐久性があります。当院では、このセラミックで差し歯(クラウン)やラミネートベニアを作っています。
制作自体は技工士が行いますが、どのような歯を作って欲しいかを医師がどう伝えるかがポイントです。差し歯を作るには、何より医師の感性が重要なのです。患者様の表情、歯並び、歯茎、歯の大きさ、周りの歯の色を見て、その人にとって調和のとれた色を出さなければなりません。また、歯の透明感をどれだけ出すかというのも大事なところです。

患者様の満足度を高めるために

ただ、患者様・技工士・医師が3人で一緒に検討して作った差し歯でも、やはり本人が納得のいかない場合もあります。そのため、当院では接着前に必ず一度仮止めをして、確認の期間を設けています。実際に一週間くらい仮止めの状態で生活し、日の光や日常空間で違和感がないか確認をしてもらい、問題ないようであれば固定を行います。仮止めの状態であれば修正がききますので、安心してください。
このように、患者様にとって満足度の高い治療に努めています。

ただ歯の治療を行うだけではなく、患者様の自然な笑顔を取り戻したい。 歯にコンプレックスを持って自信が持てなかった方や笑顔が暗かった方が、精神的な健康を取り戻し笑顔に自信が持てるようになって欲しい、それが当院の目指す審美歯科治療です。

差し歯・ホワイトニング・歯列矯正・歯のお悩み、お気軽にお問合せください。

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

ページトップへ

copyright(C) Umeda Dental Clinic All rights reserved.