審美歯科メニュー

医院案内

審美・矯正の症例

審美歯科Q&A

料金・支払方法

体験談

信頼できる医師を選ぶポイント

笑顔に自信がよみがえる

リンク

トップ > 審美歯科 > ラミネートべニア

ラミネートべニア

最短2回の通院で歯を白くセラミック(ポーセレン)ラミネートべニア法

ラミネートベニア法は、歯の表面を0.5o程度薄く削り、表面にセラミックを接着する方法です。
変色してしまった歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せることができます。

ラミネートベニアはウメダデンタルが最も得意とする治療法です。最短2回の通院で完了します。

安全で耐久性があり、しかも美しく自然な感じに仕上がりますので、歯を美しくする審美歯科の主流を占めています。 また、 治療期間は最短2回の通院ですみ、痛くない範囲で薄く削りますので痛みを感じることもなく、ストレスがほとんどありません。
セラミックなので歯ぐきにやさしく、自然で丈夫。磨耗や変色の心配がないので安心してご使用いただける素材です。また、金属アレルギーの方も安心して治療いただけます。

ラミネートベニア装着までの流れ 治療1回目で歯を削り、仮歯を装着します。中2日でラミネートベニアを制作。治療2回目で、ラミネートベニアを装着します。最短4日で完了します。

ラミネートべニアは隣の天然の歯と区別がつかない、自然な仕上がりになります

ラミネートべニアの治療前と治療後の経緯 前歯2本をラミネートべニアにした症例。隣の天然歯と区別がほとんどつかない自然な仕上がりです。

ラミネートべニアの料金

※表示価格は全て税抜き価格となります。

素材価格
セラミック 1本 100,000円→ 今なら25周年価格 80,000円
セラミック 隙間(歯間離解) 1本 120,000円→ 今なら25周年価格 90,000円

過去に治療した症例

すきっ歯 (正中離開・空隙歯列)

歯と歯の間に隙間が空いているため、その見た目にお悩みの方も多いすきっ歯。すきっ歯は、主に「ラミネートベニア法」で治療可能です。 歯の隙間が2o以内であれば、短期間に歯の色や形まで同時に治すことが可能です。
ただし隙間が2o以上ある場合には「ラミネートベニア法」では隙間を埋めるのが難しいため、当院では「オールセラミッククラウン」をご提案しております。

前歯2本のみをラミネートべニアで治療した例です。隣の自然歯と区別がつきません。
ラミネートべニアの治療前と治療後の経緯 ラミネートべニアの治療前と治療後の経緯 ラミネートべニアの治療前と治療後の経緯ラミネートべニアの治療前と治療後の経緯 隙間を不自然にレジンで埋めていたのを、2本のラミネートべニアで改善

「すきっ歯・正中離開・空隙歯列」の症例 ≫

審美歯科Q&A 山本院長がお悩みにお答えします
ラミネートべニア法でのすきっ歯治療について
すきっ歯です。 歯が黄色くて、すきっ歯です。全体的に約1、2mm隙間があり、歯並びも良くないです。 (年々下の歯が斜めになったり、前歯が出っ歯になってる気がします) 気になって、口を開けて笑う事が出来ません。 その為直したいのですが、高校生でラミネートベニア法を、使用する人は居るのでしょうか?
この方法で直した歯は、やはり人工の歯に見え ますか?
歯は生まれつき小さいので、多少大きく見えても逆に嬉しく思います。
歯の色が黄色くて、隙間がある場合の治療法はポーセレンラミネートベニア法が最も適しています。
ポーセレンラミネートベニア法は歯の表面を僅かに削り、厚さ0.5oの薄いポーセレンのシェルを歯の表面に接着し、主に歯の色を白くしたり、隙間を改善する方法です。この方法は非常に適応範囲が広く、安全で、耐久力があり、しかも美しく自然な感じに仕上がりますので、審美歯科領域において主流を占めています。
また、材質はポーセレン(セラミック)ですので、歯ぐきにも優しく磨耗や変色の心配もありません。
治療期間は最短の2回の通院で済み、麻酔も必要とせず終了しますので、患者さんへの負担も随分と軽減できることに なります。
<適応症> 変色歯、前歯の歯間離開、虫歯、軽度の捻転歯、破折歯、磨耗歯、斑状歯、奇形歯、矮小歯など。 小学生以上なら治療可能ですので、高校生なら全く問題ございません。(この方法は上記に記した通り、歯の表面のエナ メル質を一層削るだけなので、エナメルの形成が終わってさえいれば治療が可能となります)
歯の変色

ホワイトニングでは綺麗にならない汚れ、また歯の治療跡等による変色を、ラミネートベニアにて治療します。変色した歯の表面を削り、ラミネートベニアを接着します。

変色 治療前と治療後の経緯 変色 治療前と治療後の経緯

「歯の変色」の症例 ≫

摩耗歯

歯ぎしりで歯の縁が磨り減ってしまった歯を摩耗歯といいます。摩耗歯の上にラミネートベニアを装着して不自然さをなくします。

変色 治療前と治療後の経緯
テトラサイクリンの変色

テトラサイクリンによる歯の変色は、幼少期に服用した抗生物質の副作用が原因とされ、前歯または全歯に茶褐色及びグレーの帯状のラインが入るのが特徴です。
残念ながらテトラサイクリンは、ホワイトニングでは効果が期待できません。
そのため、ラミネートべニア法で治療いたします。

テトラサイクリンの変色 治療前と治療後の経緯

「テトラサイクリン」の症例 ≫

斑状歯(ホワイトスポット)

斑状歯(ホワイトスポット)とは、長い期間にわたってフッ素を過剰摂取した際に歯の表面に現れるまだら状のシミです。 ホワイトスポットが気になる歯だけをラミネートべニア法で治療し、短期間できれいな状態にしました。

ホワイトスポット 治療前と治療後の経緯 ホワイトスポット 治療前と治療後の経緯

「斑状歯(ホワイトスポット)」の症例 ≫

審美歯科Q&A 山本院長がお悩みにお答えします
ホワイトスポットの治療について
前歯にホワイトスポットという、白いしみがあるのですがこれは取れますか?痛くても取りたいです。 普通の歯医者さんで キレイにしてもらえるでしょうか?審美歯科でしょうか?
前歯にホワイトスポット"というのは、エナメル質形成不全の一種で斑状歯と呼ばれている歯のことです。 この白斑はフッ素の過剰摂取により起こるもので、簡単に取ることはできません。最適な治療法としてポーセレンラミネートベニア法が挙げられます。
費用は自由診療となりますので、各医院により若干の違いがあります。相場は1本6〜10万円です。
すきっ歯・ホワイトスポット

ラミネートベニアは変色と歯並びの両方を治すことができます。すきっ歯とホワイトスポットだった前歯4本をラミネートベニアにて治療しました。

すきっ歯・ホワイトスポット 治療前と治療後の経緯

「斑状歯(ホワイトスポット)」の症例 ≫

「すきっ歯・正中離開・空隙歯列」の症例 ≫

欠けた前歯・不自然な差し歯

下記は前歯が欠けてしまったケースですが、前歯1本だけをラミネートべニアで治療するだけで、見た目の印象は全く変わります。
また、過去に他院で治療した不自然・気に入らないラミネートべニアも再度治療いたします。
当院では、トータルバランスを大事にし、あくまで自然に見える様な治療を心掛けています。

欠けた前歯 治療前と治療後の経緯 不自然な差し歯 治療前と治療後の経緯

「不自然な差し歯・歯ぐきの黒ずみ」の症例 ≫

差し歯・ホワイトニング・歯列矯正・歯のお悩み、お気軽にお問合せください。

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

ページトップへ

copyright(C) Umeda Dental Clinic All rights reserved.