審美・矯正の症例

医院案内

審美歯科メニュー

審美歯科Q&A

料金・支払方法

体験談

信頼できる医師を選ぶポイント

笑顔に自信がよみがえる

リンク

トップ > 保険の差し歯、歯ぐき黒ずみ、不自然な差し歯の症例

保険の差し歯、歯茎黒ずみ、不自然な差し歯 の症例

保険の差し歯とセラミック素材の差し歯の違いとは

不自然な差し歯を治療

「差し歯」を大きく分類すると、すべてをセラミックで製作した「オール セラミッククラウン」、内冠に金合金を用い、その上にセラミックを焼き付け製作した「セラミッククラウン」、内冠にメタルを用い、表面に樹脂を盛り足して製作した「レジン前装クラウン」があります。

健康保険が適用される「レジン前装クラウン」は、安価で治療を受けることができますが、樹脂系の材料のため、天然の歯と色が揃わなかったり、時間の経過とともに変色や擦れが出てきてしまいます。
また、見た目にも強度的にも天然歯と比べてかなり劣りますし、歯ぐきへのダメージも避けられません。

一方でセラミックを使用した「オール セラミッククラウン」「セラミッククラウン」は、歯ぐきにも優しい素材で、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの心配もありません。 透明感や強度においても天然の歯と遜色のない仕上がりにすることができる上に持続性も高いため、保険内でつけた差し歯からセラミッククラウンへ変える方も多いです。

セラミッククラウンは自然歯と区別がつかない仕上がりになります

ケース2 保険の差し歯の変色など 

メタルボンドの差し歯が劣化してブラックマージンが出てしまっていましたのをオールセラミックに取り替え、変色が進んでいる歯はラミネートベニアで治療しました。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース3 保険の差し歯の変色・虫歯の変色・歯茎の黒ずみ 

前歯3本が虫歯が進行してしまっていたため、神経処置を行い、土台を入れてセラミッククラウンをかぶせました。また、その隣の左3番4番と右4番も保険内の差し歯(レジン前装クラウン)が変色してしまい歯茎にも黒ずみがみられましたので、こちらも合わせてセラミッククラウンにしました。
治療後は色・形・並びともに健康的な歯になりました。セラミックでは自然な透明感のある歯になります。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース4 保険の差し歯の変色・歯ぐきの赤み 

前歯が保険の差し歯でしたが適合不良で歯茎が赤くなってしまいました。またもともと全体の色が黄色い黄色歯にも悩まれたので、前歯を中心に治療を行いました。保険の差し歯や治療跡の残る右1番2番左1番2番をオールセラミッククラウンに、また左3番と右3番4番、下の前歯8本をラミネートベニアにすることで健康的な白い歯になりました。尚、赤くなってしまった歯茎は、仮歯の段階でブラッシング指導等で歯茎の状態を健全な状態に戻すケアを行った後に新しいクラウンをかぶせ直します。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース5 保険の差し歯の変色・歯ぐきの黒ずみ

前歯2本につけていた保険内の差し歯の変色や擦れが目立ってきてお悩みでしたので、オールセラミッククラウンに差し替えました。保険内の差し歯は、数年経つと見た目にも劣化が目立ってしまい、また歯茎もダメージを受けてしまいます。長い目でみますと、セラミッククラウンに差し替えることで、 歯茎へのダメージもなく、ずっと天然歯のようなきれいな歯を保つことができます。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース6 保険の差し歯の変色 

左一番の保険の差し歯が劣化しブラックマージンも出ていたため、オールセラミックに差し替えました。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース7 神経処置をした歯の変色

虫歯治療で神経をとってしまった歯は、残念ながら年数が経つと変色してしまいます。それを綺麗な見た目に戻すのが、審美治療です。笑った時に一本だけ見える色の悪い歯、気になりますよね。
このケースは、変色した歯にラミネートベニアをかぶせました。一本治療するだけでこんなに違います。
ラミネートベニアなら、たった2回の通院で驚く程簡単に美しい笑顔を取り戻せます。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース8 神経を抜いた後の変色・保険の差し歯

虫歯の治療で神経処置後の変色、また保険の差し歯もありました。笑った時に見える前歯6本をセラミッククラウンとラミネートベニアできれいに見えるよう治療しました。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース9 メタルボンドの差し歯、歯ぐきの黒ずみ

メタルボンドの差し歯をセラミックの差し歯(オールセラミッククラウン)にした症例です。
メタルボンドは中に金属を使用して外側にセラミックをり付けたクラウンです。歯の先は透明感があるものの、時間が経つと中の金属の影響で、保険内の差し歯と同様に差し歯と歯茎の間が黒く変色してきてしまいます。
これもオールセラミックにすることで、金属の影響を無くし、ブラックマージンを解消いたしました。
この症例では、左上1番2番のみオールセラミッククラウンにしています。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース10 歯ぐきの黒ずみ

歯ぐきの根元が黒ずんでしまった差し歯をオールセラミッククラウンに治療した例です。前歯の片側だけがセラミッククラウンの差し歯ですが、隣の自然歯と区別がつかない仕上がりにすることができます。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース11 不自然な差し歯

前歯の4本が不自然な印象のする差し歯でしたが、オールセラミッククラウンで天然のような歯になりました。当院では元の歯の色と違和感が出ないよう、慎重に歯の色を合わせていきます。

症例写真 差し歯セラミッククラウン

ケース12 不自然な差し歯・歯ぐきの黒ずみ

保険の差し歯は数年経つと、使用している金属の影響で、歯茎と差し歯の間が黒く変色してきてしまいます。(これをブラックマージンといいます)金属を使わないセラミックの素材の差し歯に差し替えることで、黒ずみは解消し、また今後の歯茎への悪い影響もありません。オールセラミッククラウンで自然な見た目に。

症例写真 差し歯セラミッククラウン
  • 差し歯・セラミッククラウン へ
  • 差し歯のQ&A(質問と回答) へ
差し歯・ホワイトニング・歯列矯正・歯のお悩み、お気軽にお問合せください。

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

ページトップへ

copyright(C) Umeda Dental Clinic All rights reserved.